再生医療も進化し続け、自分の細胞を使って再生できるので、拒絶反応が防げるようになります。
最新医療を施してくれる病院・医師

失った細胞の再生とは

事故や病気で失った体の細胞や器官、組織の再生や、機能の回復を目的としたものが再生医療です。
古くからの再生医療は、人口の義足や義手、人工関節や、皮膚や臓器、骨髄などの生きた細胞を移植する方法、身体機能を回復させるリハビリテーションなどが挙げられます。
現在では医学が進歩して、幹細胞移植が普及していますが、これらによって臓器移植で不足しているドナーの数や、移植後の拒絶反応などの問題を解決することが可能になります。

進化した再生医療によって広がる治療範囲には、心臓や骨、毛髪の再生、血管や新生血液疾患の治療、肌の若返り治療、脂肪注入などが考えられます。
幹細胞の中でも注目を集めているのが、iPS細胞(人口多能性幹細胞)とES細胞(胚性幹細胞)で、どんな臓器にでもなれる赤ちゃん細胞のことで、多機能性細胞と呼ばれています。
iPS細胞は、人の皮膚から作られた赤ちゃん細胞と類意のもので、ES細胞は人口受精によって破棄されていた、余剰胚を使用したものなので、倫理問題や反発のある細胞のようです。
人間の体内には、赤ちゃん細胞と大人の細胞が共存していて、赤ちゃん細胞が成長して役割を持つ大人の細胞に変わります。
美意識の高い女性には嬉しい、整形でも美容成分の注射でもなく、培養を行った自分の肌細胞を注入することで、肌を若返らせることが可能です。
まだ研究段階にある再生医療ですが、これらが可能になることで、多くの患者を救えるようになるので、早い医療の進歩を見守り続けたいです。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.