脱毛は医療行為とみなされ、安心でアフターケアがしっかりしている、医療で脱毛が行われています。
最新医療を施してくれる病院・医師

脱毛の施術に関して

脱毛は医療なの?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。
エステサロンでも脱毛は行われていますが、医学的な知識の乏しい言わば素人が施術を行うので、脱毛トラブルが多いことから、2000年に厚生労働省から脱毛は医療行為であると通達を受け、安全でアフターケアのしっかりしている、医療機関で行うことが勧められています。

医療機関のみ使用が認められた、IPL(光エネルギー)や医療用脱毛専用レザーによって、毛根を破壊させて脱毛していくのが医療脱毛になります。
レザー脱毛は、黒い色素に吸収され熱に変わり、熱エネルギーによって毛根を破壊し、ほぼ永久的に毛が生えてこなくなるという仕組みです。
また、熱が伴うために火傷のリスクがありますが、施術の後に、何らかの肌トラブルが現れた場合でも、医療機関なら医師や看護婦の下で、薬による治療が受けられるので安心です。
気になるのは痛みですが、輪ゴムを弾いたくらいの刺激と言われていて、毛穴に針を差し込む電気針脱毛と比べると、だいぶ痛みが軽減されています。

脱毛は細かな作業ですが、なぜ苦労してまでも行う必要があるのでしょうか?
ムダ毛の処理を省くことができるだけでなく、実はお肌にとっても負担を掛けなくて済むので、透き通った肌を手に入れることができるのです。
自己処理による肌荒れや乾燥、カミソリや毛抜きによる埋没毛、色素沈着などを引き起こす可能性から、回避することができます。
美肌を追求される方にとっては、必要不可欠なケアと言えます。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.