救急医療が拡大したお陰で、私達は安心して生活が送れています。
最新医療を施してくれる病院・医師

救急医療とは

自動車の普及に伴い、交通事故が急増した為に対策として、救命科や救命救急センターが増え、それに加え内科系の疾患にも対応しているのが、今でいう救急医療になります。
急性病態は時間とともに急速に変化する場合があり、その間の処置が後の生死に関わる大きな鍵を握ります。
心配停止の場合には、救急車到達や病院到達の間の蘇生処置が、非常に重要になってきます。

救急救命士の創設によって、救急車内での処置がり、救命率に大きく貢献しています。

一般人の生活の中でも、救急医療は溶け込んでいて、自動車運転免許取得の際に、心肺蘇生法の受講が義務づけされています。
また、街角でも多く見かけるようになった、AED(自動体外式除細動器)も身近なものとなりつつあります。

また、救急車を利用する患者のモラルの低下に対しても、考えさせられることもあるようです。
出動件数は年々増え続け、救急車の到達時間や病院収容までの時間が、大幅に延びている傾向にあります。
救急医療を利用する場合には、生命に関わる状態や激しい痛みを伴うなどの、緊急を要する場合になりますが、自分で病状の重さを判断できないために、このようなことが起こっていると考えられます。

実際に、救急車の到着が遅れ、待たずして重度の患者が命を落とされている話も耳にしています。
病状が軽くても不安から、救急車を呼んでしまう方も多いのが現状のようですが、タクシー代わりにと利用されている方がいるとするならば、直ぐにでも辞めていただきたい行為と言えます。

健康・医療や医療なら、このサイトが便利ですよ!!

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.