生命に関わる疾患と向き合う、患者やその家族のさまざまな痛みや苦しみを和らげて行くのが緩和医療です。
最新医療を施してくれる病院・医師

緩和医療について

生命の危機に関わる疾患に直面している、患者やその家族の人生や生活のレベルを、改善していく対応のことを緩和医療と呼びます。
苦しみを予防したり和らげたりすることで、身体的問題や心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に見つけ出し、的確に判断して処置を行います。

痛みや苦痛が伴う症状から解放させ、死を早めたり引き延ばしたりせずに、命を尊重して死を自然な過程だと認めていきます。
死が訪れるまで患者を積極的に生きて行けるようにサポートし、また患者の家族に対しても患者の病中や死別の後のカウンセリングも行います。

かつての医療現場では、医療としての認識や治療行為も少なかったけれど、現在では終末期医療に限らずに、初期症状の段階から行うべきであると認識が変わってきています。
なぜならば、心と体の間には深い結びつきがあり、目には見えないけれど体が健やかでなくなると、心も病んでしまう可能性が高くなります。
そのため、重度の疾患を抱える患者と家族には、緩和医療はなくてはならないものと言えます。

また疼痛管理も行いますが、痛みには急性痛と慢性痛の2種類あり、急性痛の場合には痛みが警告や経過を示す手掛かりになるために、診断が出るまでは鎮痛をしないことが望ましいとされています。
近年では、画像診断の発達によって診断や治療の妨げになるために、鎮痛の優先を呼びかける声も広がっています。
また、慢性痛の場合には、痛みが患者にさまざまな障害を引き起こしています。

参考リンク

残留農薬の怖さとは
輸入された野菜や果物には、ポストハーベストと呼ばれる農薬が残っていることがあります。輸入食材が安全にいただけるのは、食品分析あってこそです。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.