心身医療は、ストレスに負けない心に適応させながら、ストレスによる症状を改善していく方法です。
最新医療を施してくれる病院・医師

心身とストレスの関係性

ストレスに負けずに心が適応できるように改善しながら、ストレスから起こす症状を改善していく方法を心身医療と呼びます。
主な症状として、頭痛や肩こり、めまいや不眠、腰痛、アレルギーなどを起こしますが、訪れた病院や治療院によって、症状が治る場合と治らない場合があります。
人は日常生活の中で、さまざまストレスや緊張を抱えているために、治らない場合には心の原因も考えられます。

例えば、会いたくないけれど会わなければならない場合や、行きたくないけれど行かなければならない場合もあり、ストレスによって悩や神経に、反射作用で緊張を起こします。
この状態が持続すると悩に記憶され、緊張が再現されて症状を引き起こしている場合もあります。
このため、体を治療しても治らない場合には、ストレスに対応できない適応障害を起こしている可能性が考えられます。

ストレスから回避させることも大切ですが、心身医療では、ストレスに適応させることを目的としているため、根本的な改善をするための治療を行います。
心と体の結びつきは、関係性が深いことは分かっていても、目に見えないものは信じがたいこともあり、心身医療は広く知れ渡ってはいません。
心身共にという言葉があるように、どちらも共に元気でなければ、本当の健やかな身体を維持できないことは明らかです。
そのことからも、今まで通院しても症状が良くならなかったという方には、心身医療を受けてみることをお勧めします。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.