ガン治療には最端医療の、副作用の少ない効果的な免疫細胞療法が出現しました。
最新医療を施してくれる病院・医師

免疫細胞療法にとって

ガンの最先端医療の一つに、免疫細胞療法があります。
がん治療において最も辛い副作用が少なく、患者さんひとりひとりに適した治療を、病状や治療具合によって選んで行います。
患者さんの免疫細胞を体外に取り出して、繁殖と強化をさせてからまた体内に戻し、ガン細胞と戦わせるという画期的な治療方法です。
それでは、ガンとはいったいどうゆうものなのでしょうか?

がん細胞とは、もともと正常だった細胞が何らかによって傷つき、正常でなくなった細胞のことを指します。
正常の細胞は、一定のルールで分裂と死滅を自然と行っていますが、がん細胞は死滅することなく一方的に増え続けます。
わずか1cmのガンの中には、10億個の細胞があると言われています。

研究者によると一般の人でも、1日に数億個のガン細胞が作られているとの報告もありますが、それが必ずしもガンになってしまうわけではないようです。
体内の免疫力と言われているシステムが、がん細胞を排除しているので発症を防いでいます。
ガンの繁殖力が免疫力に勝ってしまうと、発症や進行の抑制がむずかしくなるということのようです。

免疫力を高めるいくつかの免疫細胞を、オーダーメイドすることによってガン細胞を抑制するという考え方が、免疫細胞療法の基となっています。
ガン細胞にも特徴があり、免疫細胞の攻撃から身を隠し、攻撃を止めた、正常な細胞のふりをするなどの、能力も持ち合わせているようです。
そのため、一人一人のガン細胞に合った治療が必要になってくるようです。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.