医療と平行してなくならないのが医療ミスですが、ミスと言えども命に関わるので軽視できません。
最新医療を施してくれる病院・医師

医療ミスに対して

医療の世界でも、人間の行為には必ずミスが起こるといわれるほどに、残念ながら完璧はありません。
医療ミスなのでは?という疑問を抱いた場合には、みなさんはどのように対処しているでしょうか?
私にも、医療ミスなのではと疑問が残るような、家族の亡くし方をしています。
そう思っているだけで、方法が全く分からずとほうに暮れるばかりでした。
実際には真実が分からないままに、泣き寝入りされている方も多いのではないでしょうか?

話し合いに持ち込み示談、訴訟まで持ち込んで戦う方は少ないと思われます。
この訴訟を起こすには、証拠を立証しなければなりませんが、やっかいな手続きなどが必要なものもあり、辿り着くまでには困難が待ち構えています。
それらを乗り越える強い意志も必要になり、弁護士を選ぶ際にも、訴訟に慣れている方が適任と考えられます。
明らかに当初から病院側の医療ミスと分かっている場合には、示談で解決するケースも多くありますが、当然、病院側が責任を負う必要があり、過失があれば医師免許の剥奪も考えられます。
それらの医師を野放しにしておかないためにも、勇気ある訴訟も必要ですが、謝罪して十分に反省を行っている場合には、ケースによって被害者側の判断を迫られることも考えられます。
医療の場合はミスと言っても、命に関わる場合もあるので、そう簡単に軽視することはできません。
医療ミスではと疑う場合には、相談窓口である全国の医療安全支援センターに、まず相談してみることをお勧めします。

Copyright (C)2017最新医療を施してくれる病院・医師.All rights reserved.